自転車も軽車両としての自覚が必要

自転車による事故が多発していることから、12月1日の「改正道路交通法」より、自転車で道路右側の路側帯を走行することが禁じられました。

もともと自転車は軽自動車扱いなっているのですが、メカニズムが人力動力のためか、一般的にはどうも軽車両という感覚が薄い印象があります。

高齢者や子どもなどは例外とされていますが、自転車は歩道ではなく車道を通行するルールがあり、さらに、自転車も左側を走行しなければダメということです。

まぁ、高速道路での逆走じゃないですけど、自動車で右側走行したら罰金ものです。
同様に自転車で右側路側帯を走行すると、懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金が科せられるようになります。

さらに、自転車のブレーキなど整備不良車は、警察官が運転禁止を求める措置もでき、指示に従わない時には、5万円以下の罰金もあります。

いろいろと制度が変化している自転車ですが、やはり手軽に乗れ、手軽に購入できる自転車は庶民の足として利便性が高い乗り物です。

乗らなくなった自転車は、自転車買取店で買い取って貰い、新車購入の足しにできればいいですよね。

ものは試しです。
捨てる前に自転車買取店に聞いてみるといいでしょう。http://www.jitensha-kaitori.org/

▲自転車買取口コミランキング▼
自転車買取口コミランキングは自転車の買取では一押しです

Posted in 未分類 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です